慶應義塾大学は日本で最も古い私立大学で東京の都心に位置しています。質の高い教育に定評があり、アジアを代表する高等教育・研究機関の一つです。創設者は日本の近代化に多大な貢献をした福澤諭吉で、1858(安政5)年、江戸で開いた蘭学塾を起源としています。欧米諸国を視察した福澤は、帰国後、古いしきたりや慣習にとらわれない教育を実践しました。「独立」や「実学」など、現在も慶應義塾が大切にしている理念は、このときすでに福澤の教育の基礎となっていました。以来、慶應義塾は、社会のあらゆる分野でリーダーとなる人材を輩出してきました。こうした伝統を基盤とし、今なお更に優れた教育と研究を展開すべく力を注いでいます。今日、慶應義塾のグローバルコミュニティは、全世界で活躍する35万人の塾員(卒業生)と、福澤の理念を受け継ぎ社会へ羽ばたこうとする塾生(学生)たちによって支えられています。